婚活サイトは未来の幸せにつながっている!?

30代になった頃、付き合っている彼氏にしばらくは結婚する気がないことが判明し、彼氏と別れ婚活を開始しました。傷が癒えないままの婚活は、0からのスタートどころかマイナスからのスタート…。外に出たくないくらい落ち込みましたが、既に30代前半なので休んでいる暇は一日だってない…!と自分を奮い立たせました。
知り合いからの紹介もありましたが、なんだかパッとせず。ある男性と話していると「結婚とかまだ考えてないんだ〜。」と。元彼との別れで、”まだ結婚は考えられない”…そのフレーズが大嫌いになっていた私は、一瞬でナシ!!と判断。
もう結婚願望がない人と出会っている時間がもったいないと思い、ついに結婚相談所に登録しました。結婚したい、という条件はクリアしているのだから、その中から合う人が見つかれば…と簡単に考えていました。しかし、そこでも婚活は難航しました。
たくさんの男の人を紹介され、割と条件も良い人もいました。ただ、全く男として見れないのです。このままでは誰とも結婚できない!ひとまずこの人ならいいかな?と思える人と交際し好きになれたらと思いましたが、好きな人でないと週1のデートさえも苦痛でした。お願いだからデート中知り合いに会いませんように…と思いながらのデート、手を繋がれて身の毛がよだつ思い、今思えばそんな風に思う人と結婚できるわけがないのに、あの頃の私は誰かと結婚しなきゃ!と必死すぎました。また、週末のみの婚活だったので、一日に何件もお見合いの予定を入れて朝から夕方まで何件かのお見合いをこなす…なんてハードな日も。平日は仕事をし休日は婚活。こんな日常が一年程続きました。先の見えない婚活に身も心も疲れきって落ち込む日もありましたが、私は結婚するんだ!という思いで頑張りました。
そして、結婚相談所に登録して一年ちょっとたった頃にそこで出会った人と縁があり、結婚することになりました。籍を入れたのは出会ってから一年後くらいです。辛い婚活、必死に頑張ってきてよかった…と実感しています。結婚相談所での出会いをあきらめて退会していたらこの人とは出会えなかったので、辛くみじめな日々でも耐えてきた意味がありましたね。今結婚できずに悩んでいる人、婚活で成果を出さなくて辛い人、辛いのは今だけかもしれない!タイムロスはあるけれど続けていけば結果は出せる!婚活をやめずに続けていこう!と伝えたいです。
まずは行動です。別にお金をかければいいというわけではありません。
とりあえず無料で登録できる婚活サイトに登録してみましょう!きっとばら色の未来が待ってますよ。
このサイトを参考にして下さい。
参考サイト:http://婚活サイト無料登録.com/

病棟薬剤師が嫌でCROに転職しました!

薬剤師として新卒時代、附属病院の外来で病棟薬剤師をしていました。まだ新人なので、仕事の内容は投薬に行く患者さんの付き添いだったり、カルテの整理だったり、他の科や病棟へのお使いだったりと雑用が中心です。しかし研修生の間ではとても勉強になる場面も多く、充実した研修として人気がありました。さて、私が担当している仕事の中に、週に一度、勤務している外来で出たリネン類を洗濯室に持っていく、というものがありました。外来なので量はほとんどありません。けれど、この仕事が嫌で嫌で仕方なかったのです。
務めていた病院は、歴史のある総合病院でした。増改築を繰り返した広い病院で、一番新しい新館は明るくて綺麗なのですが、外来がある旧館は年期の入った薄暗い病院です。そのギャップはなかなかのものだったのですが、問題の洗濯室はこの旧館の最上階にありました。しかも洗濯室の隣には、小さな霊安室が。霊安室って地下にあるイメージが強いのですが、何故かこの病院では最上階にあったのです。
洗濯場は午前中はクリーニングの人や、リネン交換をするスタッフで賑わっているのですが、午後三時を過ぎると、広い洗濯場に洗い上がった交換用のリネンを残し無人になります。外来の受け付け終了時間は午後四時。四時ぴったりに診察が終わる訳はないので、だいたいリネン交換に行ける時間はどんなにフライングをしても午後五時を過ぎます。
それでも夏はまだ良いんです。明るいから。秋の終わり以降は、真っ暗です。電気を付けても薄暗い旧館の洗濯室で、薬剤師として不謹慎だとは思いつつ横の霊安室のプレッシャーを感じずにはいられませんでした。普段マイペースな私でもこの時だけは速足大股で動き回り、我ながら驚くような素早さで必要なリネンをピックアップし、洗濯室を後にしていたことを今でもよく覚えています。残念ながら霊感はないので、何か不思議な体験をしたということは一度もないのですが、その後看護師として新たな病院に勤めた今でも、あのリネン交換は二度としたくない怖かった仕事だな、と思いだします。この仕事が嫌で現場の薬剤師を辞めて、CRAになることにしました。元々統計処理が好きだったし、薬剤師の強みも活かせるとおもったからです。でも畑違いの転職なので薬剤師求人CROとPCに打ち込んでやっと転職先を見つめました。